ニュルンベルクのマイスタージンガーより第一幕への前奏曲

ここ半年、私が目覚ましに設定している曲は「ニュルンベルクのマイスタージンガーより第一幕への前奏曲」です。始まりの一発に少しびっくりしますが、気分が上がります。

「ニュルンベルクのマイスタージンガー」はリヒャルト・ワーグナーのオペラ作品で、初演は1868年6月21日 ミュンヘン、宮廷歌劇場です。

舞台は16世紀中頃、ドイツのニュルンベルクで、マイスタージンガーとは優れた音楽家の称号の事です。ざっくり訳すと「歌マスター」です。

シティポップ

最近シティポップというジャンルがあることを知ってよく聞いています。1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスです。

言葉にするのは難しいですが、都会の洗練された雰囲気や、孤独感や、無機的な感じなどが伝わってきて心地いいです。歌詞も最近の曲よりも聞き取りやすく、ひと昔前なので言葉がなんだか面白いです。「流行りのディスコで」とか。

ドライブしながら聞くと気持ちよさそうです。この頃はいい時代だったのでしょうか。私はこの世代ではないのですが、なぜか若かった頃を思い出すのです。

シティをカタカナそのまま発音するとShittyになってしまうので、海外の方に説明する場合はきちんとcityになるように発音に気をつけたほうがよいです。